≪保育士紹介≫こんな時どうする?|パジャマで登園する子ども

保育士Link

0120-838-238

〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町3-1-2
キューアス平野町ビル3F

≪保育士紹介≫こんな時どうする?|パジャマで登園する子ども

スタッフブログ

2019/03/29 ≪保育士紹介≫こんな時どうする?|パジャマで登園する子ども

1歳児担任、保育士1年目

朝、パジャマで登園する園児。保護者の方はいつも、寝たままの子どもを抱きかかえてきて「おはようございます!お願いします!」と、先生に抱っこで預けて「いってきます!」と子どもに声を掛け、すぐに仕事に行ってしまいます。

 

いつも急いでいるので、なかなか声をかけることが出来ません。また、登園のことについて帰りに話をしようとしても、帰りも急いでいるようです。子どもに声を掛けながらも、手早く帰る用意を進めていき、「先生ありがとうございました。さようなら!」と、話す隙がありません。その様子は、保育士から何か言われるのだと察知しているようにも感じます。

 

子どもの事を考えると、寝たまま登園し朝ご飯も食べず、大人都合の生活になっているのではないかと、心配になります。同じクラスの先輩の先生に相談しても、「担当の子どもなのできちんと保護者に伝えないといけない」との助言だけ。保護者の方とお話するきっかけは、どのようにして作るものなのでしょうか?

 

****************************************

 

保育士1年目というところで、あなたがどこまで踏み切る事ができるのかを先輩は見守っているのかもしれませんね。

 

保育士の観点からはもちろんですが、周りの保護者の方もパジャマで登園している園児がいることが気になっているかもしれません。

パジャマで登園させている保護者も、いけないことだと分かっていると思うので、後は話す機会をつくる事が大事です。直接話し掛けることが難しい場合には、連絡ノート等を用いることも一つの方法です。“登園時の事でお話があります。ご都合よい日に帰りの際少しお時間頂けますか?”などを記入してみるのはいかがでしょうか?

 

また、連絡ノートに記入する際、一度相談した同じクラスの先生に、「一言ノートに書いてみようと思います。」と、忘れずに伝えましょう。書き方や先輩の経験など、何かアドバイスを頂けるかもしれませんよ!

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

保育士Link

【住所】
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-1-2キューアス平野町ビル3F

【電話番号】
0120-838-238

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP