≪保育士紹介≫こんな時どうする?|先輩保育士に質問したい…

保育士Link

0120-838-238

〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町3-1-2
キューアス平野町ビル3F

≪保育士紹介≫こんな時どうする?|先輩保育士に質問したい…

スタッフブログ

2019/03/22 ≪保育士紹介≫こんな時どうする?|先輩保育士に質問したい…

普段は話すことが大好きなのに、先輩の前に行くとなぜか委縮してしまう。なかなかうまく話ができずに“しーん”とした気まずい雰囲気が流れてしまう。何か話をしないと…と思えば思うほど言葉が出てこなくて、それがまた委縮してしまう原因になることありますよね。

それが保育にも響いているかもしれません。

 

仕事を進めるには、普段から先輩とコミュニケーションを取ることが大事です。

それでは、普段から先輩とコミュニケーションを取っていない人、取っている人の対応にどのような違いがあるのか比べてみましょう。

 

コミュニケーション×(A先生の場合)

「〇〇ちゃんの最近の行動を保護者の方に伝えたいけど、どうやって伝えよう…

先輩に今聞きたいけど忙しそう」よし!休憩中に聞こう!

→お昼になると、「休憩中にいいのかな?先輩楽しそうにみんなで話しをしているし、やっぱり後にしよう!」でも、タイミングを逃し休憩終了。

→次は保育が終わってから聞いてみよう!保育が終わり先輩を探すと、「あれ?先輩がいない。今日も聞けずに終わってしまった…」明日は必ず!

と、同じローテーションがぐるぐる回り、先輩に相談するタイミングを逃していませんか?

タイミングを見計らうことはもちろん大切ですが、聞きたい時に聞かないと、ことはだんだん大きくなってしまいます。自分の中でも消化不良。〇〇ちゃんのことがずっと気になり、他の事に集中できなくなってしまいます。

 

コミュニケーション◎(B先生の場合)

「〇〇ちゃんの対応どうしていったら良いのかな?保護者にはどうやって伝えよう…」

→「あの先輩に聞いてみよう!」と、思ったことをすぐ行動に移すことができます。

→「今お時間よろしいでしょうか?」「保育の事で伺いたいことがあります。お時間頂けますでしょうか?」と、自分の思いを伝える場を自身で作ります。

→早く解決できるので、次の対応にもすぐに取り組む事ができます。また、自分から発信することにより前向きに取り組んでいる姿勢も評価に!

 

 

A先生とB先生を比べてみると、普段のコミュニケーションがいかに大切なのかがわかります。

コミュニケーションをとっていない場合、普段この子はどんなことで悩んでいるのか、どの様な性格なのか、などが分かりづらくなることから、先輩は距離感を保っているのかもしれません。大事なことを相談するタイミングを逃してしまいます。

相手(先輩)とコミュニケーションを取らずして、自分の悩みや考え方・性格などを知ってもらうことは難しいです。

 

自分の事を分かってもらうことは、仕事にもつながる事。

まずは笑顔で接する事から始めていくだけで、自分や相手の印象が変わります。自分が苦手とすることは、相手にも伝わっています。子ども・保護者との関係を築く為、保育向上の為にもあなた自身が前進していくことです。少しずつ話していくことで、先輩からも話題を振ってもらえたり保育の相談もしやすくなったりと、良い関係を築くことができるでしょう。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

保育士Link

【住所】
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-1-2キューアス平野町ビル3F

【電話番号】
0120-838-238

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP