病気・感染症|インフルエンザに気をつけて!

保育士Link

0120-838-238

〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町3-1-2
キューアス平野町ビル3F

病気・感染症|インフルエンザに気をつけて!

スタッフブログ

2019/01/08 病気・感染症|インフルエンザに気をつけて!

インフルエンザが流行していますね。

皆さんの保育園でもインフルエンザにかかった子ども達や保育者はいませんでしょうか?

 

ふつうの風邪より症状が重く、周りに感染する力が強いインフルエンザ。

 

今年の冬のインフルエンザの流行時期は12月後半~3月頃とされています。

その中でも、特にピークになるのが1月下旬頃~2月上旬頃。

この時期に発表会やお遊戯会などの行事を予定している保育園も多いのではないでしょうか。

 

クリスマスやお正月、節分など楽しいイベントが多いこの冬の時期に、なぜインフルエンザが流行するのかを調べてみると、大きく二つの理由があるみたいです。

ひとつめの理由は、この時期の日本は気温と湿度が共に低いためインフルエンザウイルスが最も生存しやすい環境になるそうです。

ふたつめの理由は、人の体の”線毛”という鼻や喉の粘膜フィルターが働きにくくなるため、インフルエンザに感染しやすくなってしまうのだそうです。

 

 

インフルエンザにかかると、体にどのような変化が起きるのかを確認してみましょう。

 

〇インフルエンザの症状と潜伏期間

主な症状としては、

・突然の38℃以上の高熱

・高熱が3~4日ほど続く

・激しい咳、のどの痛み、頭痛、鼻水、関節の痛み、筋肉痛など

その他にも、下痢や嘔吐を伴うこともあります。

潜伏期間としては、1日~3日といわれています。

 

インフルエンザで子ども達がきつい思いをすることは避けていきたいものです。

 

 

インフルエンザが流行する時期になるとどうしても感染してしまうことがありますが、できるだけ感染しないように私たちができることはたくさんあります!

お家や保育園でも参考にしてみてください。

 

〇早めの予防が大事!

*流行前の秋から予防接種を

インフルエンザにはワクチンがあります。予防接種をすると絶対にインフルエンザにならない、ということではありませんが、インフルエンザにかかりにくい体にすることができます。また、万が一、インフルエンザにかかっても軽い症状で済むことが多いようです。毎年12月上旬頃から流行するので、秋ごろには予防接種を受けるといいとのことです。

 

*生後6か月からワクチン接種を

インフルエンザワクチンは、生後6か月から接種が可能です。2~4週間の期間を空けて2回接種します。しかし、ワクチンには鶏卵が使われていることがあります。卵アレルギーのある子どもは、必ず医師に相談して使用しましょう。

 

*大人も一緒に予防接種を

保育者や保護者が感染源にならないように、予防接種を受けておきましょう。予防接種の効果は約6か月なので、毎年接種することが大切です。

 

*手洗いとうがいは基本

とても大事なことは手洗いとうがいです。基本的なことですが、普段から習慣にしておくことで、元気で丈夫な体になるといわれています。まだうがいができない子どもは、水やお茶を飲んでのどの乾燥を防ぐだけでも効果があるそうです。

 

〇お部屋の環境づくり

*湿度50%~60%、室温20度前後に

インフルエンザウイルスは、冷たく乾燥した空気を好みます。逆に、温かく湿度が高い空気には弱いです。

冬場は乾燥していますが、お部屋の暖房によってさらに乾燥が進んでしまいます。空気中に水滴など水分が少ないと、せきやくしゃみなどの勢いでウイルスが遠くまで飛んでいきます。部屋の湿度は50%~60%、室温は20度くらいを目安に設定しましょう。また、1時間ごとを目安に窓を開けて、ウイルスが浮遊している空気を入れかえるように心がけましょう。

 

まだまだ寒い冬が続きます。

子ども達も保育者もこの冬を元気に楽しく過ごすために、体調管理には気をつけていきたいものです。

次回の更新は金曜日です。またぜひご覧くださいね♪

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

保育士Link

【住所】
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-1-2キューアス平野町ビル3F

【電話番号】
0120-838-238

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP