≪保育士紹介≫保育士コラム|12月壁面

保育士Link

0120-838-238

〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町3-1-2
キューアス平野町ビル3F

≪保育士紹介≫保育士コラム|12月壁面

スタッフブログ

2019/11/22 ≪保育士紹介≫保育士コラム|12月壁面

 

少しずつ肌寒くなり冬の訪れを静かに感じる今日この頃…ハロウィンもあることながら、クリスマスも待ち遠しくなってきました。

クリスマスをもっと盛り上げるためにも、保育園や幼稚園のお部屋にも、楽しげな壁面装飾をしてみてはいかがでしょう。

 

12月の壁面飾りをどんなイメージで装飾するのか、テーマがきまれば本格的に製作していきます。
12月の壁面の飾りつけをどのように作っていくかは、どのようなシチュエーションで、どういう風に飾りつけるかで、作り方も違ってくると思います。

 

決まったスペース内でもクリスマスを楽しむ方法はいくつかあります。

その一つである、壁面飾りを紹介していきます!

 

 

◆ジングルベル

緑色の画用紙で輪つなぎをして、みんなで力を合わせてクリスマスツリーを作ります。
「協同」に重点を置いた制作活動です。
たなばたの笹飾りなどで輪つなぎの経験があれば、一人ひとりの作業はスムーズだと思います。
掲示も子どもたちと一緒に行って、一人ひとりがつなげた輪つなぎが1本のツリーになっていく過程をみんなで楽しむといいと思います。

 

◆サンタクロースの紙皿リース

ジングルベルと同じ輪つなぎを紙皿に貼ってリースにします。同じ素材でも素材を加えたり飾り方を変えると、
出来上がりの印象ががらりと変わるだけではなく、子どもたちの製作の経験が発展します。
行事ごとにただ製作するのでは、せっかくの経験がもったいないので、どんなものを作るかだけではなく、
これまでどんなものを作ったか(経験のある作業・触れたことのある素材、新しく経験してほしいこと・触れてほしい素材)も含めてちょっとひとひねりできれば、子どもたちの可能性を引き出す保育の醍醐味も味わえると思います!

 

 

◆クリスマスツリー

クリスマスの装飾はイメージがつきやすいと思います。改めて考えてみると、まずはクリスマスツリーがあります。

クリスマスツリーを装飾するアイディアがいろいろとありますね。

カラフルに、さらに紙以外の素材も使いながら装飾すると良いと思います。できるだけ豪華にした方が見栄えが良いです。
ツリーの頂上と足元も油断せずにしっかりと装飾しましょう。

 

雪の中での遊び

12月の壁面装飾はクリスマス一色で良いのではないかと思います。

園の方針がそうでないならば、考えなければなりませんね。
12月にクリスマス以外の壁面装飾を考えると、雪だるまなどがあっても良いでしょうね。雪の中でのソリ遊びとか、雪合戦でも良いでしょう。

 

 

 

まとめ

12月はメインのクリスマスを終えると、年末ムード一色になります。
壁面飾りはそうそうスグに作り変えていくものでもないですが、クリスマス以外にも、年末にはお正月に向けて、せわしなく壁飾りなど移り変わっていきます。
そんな重要な年末シーズンの飾り付けなので、少しでもご参考になれば幸いです♪。

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

保育士Link

【住所】
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-1-2キューアス平野町ビル3F

【電話番号】
0120-838-238

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP