≪保育士紹介≫保育士コラム|病気対応 ①

保育士Link

0120-838-238

〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町3-1-2
キューアス平野町ビル3F

≪保育士紹介≫保育士コラム|病気対応 ①

スタッフブログ

2020/01/15 ≪保育士紹介≫保育士コラム|病気対応 ①

 

病気かな?と思ったら、すぐに対応しましょう。落ち着いて的確に判断するためには、普段から子ども一人一人の状態を把握しておく必要があります。

予防方法についてきちんと理解し、園でできることはしっかり実践していきましょう。

 

 

 

インフルエンザ

■潜伏期間 1日~2日

■感染経路 飛沫感染、接触感染

■出席停止期間 発症後5日を経過し、かつ、解熱後3日を経過するまで

 

 

主な症状

□高熱、のどの痛み、筋肉痛、せき、くしゃみ、鼻水、嘔吐、下痢、腹痛

□突然高熱が出る

□全身倦怠感、筋肉や関節の痛み、食欲不振

□2~3日で熱が下がっても、全身症状は一週間ぐらい続く

 

 

園での対応方法

①早めに受診してもらい、インフルエンザなら、登園停止期間を過ぎるまで家で安静に過ごしていただきます。

元気になったら登園許可をもらって登園してもらいます。

②インフルエンザが疑われるときは、職員室や医務室に隔離し、保護者の方に連絡します。

③水分補給をしたりベッドに寝かせたりして、迎えを待ちます。

 

 

予防対策

・予防接種は10月~12月の間に2回接種することが望ましいです。

・日ごろから、バランスの良い食事、十分な睡眠、手洗いとうがいを心掛けましょう。

 

 

 

はしか

■潜伏期間 10日~20日

■感染経路 飛沫感染、空気感染(発しん前の咳が出始めた頃が、最も感染力が強い)

■出席停止期間 解熱後3日を経過するまで

 

 

主な症状

□高熱、発しん、せき、鼻水、目やに、目の充血、ほおの内側に白い斑点

□発熱、鼻水、咳といった風邪のような症状がでる

□目の充血、目やに、口内に白い斑点

□高熱が3~4日続き、鼻水、咳、口内炎、目の充血はさらにひどくなります

□7日~9日程で回復

 

 

園での対応方法

①はしかが疑われるときは、隔離して保護者の方に連絡します。

②他の子どもたちの既往歴や予防接種の確認をします。

③感染していることが確認されたら、掲示板や口頭で保護者にお伝えしましょう。

 

 

予防対策

予防接種をうけましょう。

 

 

 

風しん

■潜伏期間 14日~21日

■感染経路 飛沫感染、空気感染(発しん前の咳が出始めた頃が、最も感染力が強い)

■出席停止期間 解熱後3日を経過するまで

 

 

主な症状

□高熱、発しん、目の充血、リンパ腺の腫れ、のどの腫れ

□発熱(37℃~38℃)と同時に、全身にピンク色の発しんが現れます。

□発しんは顔、首、耳の後ろから全身に広がります。

□首、耳の下、わきの下のリンパ腺が腫れます。

□発熱、発しんは1日~4日で消えて治ります。

□感染しても、症状が出ないまま免疫ができる人もいます。

 

 

園での対応方法

①風しんが疑われるときは、隔離して保護者の方に連絡します。

②他の子どもたちの既往歴や予防接種の確認をします。

③感染していることが確認されたら、掲示板や口頭で保護者にお伝えしましょう。

 

 

予防対策
予防接種をうけましょう。

 

 

今回は代表的な感染症をご紹介しました。

もし、園で発症した子どもがいる場合にはぜひ参考にしてくださいね。

次回も引き続き、病気対応についてご紹介しますので、ご覧ください。

 

まだまだ寒い日が続きます。しっかり対策をして、園生活を元気に過ごしたいものです。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

保育士Link

【住所】
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-1-2キューアス平野町ビル3F

【電話番号】
0120-838-238

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP